浮気の証拠はデート現場だけでは不十分?浮気を立証する証拠とは

浮気の証拠はデート現場を押さえるだけでは不十分
浮気の際の証拠というのはどういったものが考えられるのか?というと、やはり写真が有力ですが、写真を浮気の証拠として使う場合には、かなり限定された写真じゃないといけないのです。

だから、これは浮気を疑う証拠になると思った写真が撮れても、単なるデートの可能性が高いと思われてしまっては裁判などでは勝てません。

例えば、自分の配偶者が見知らぬ人と食事をしているとか、街中を手をつないで歩いているとか、そういったものは浮気を疑うきっかけとしては十分な気がしますが、浮気を確信させる証拠にはならないと言えるでしょう。

だから、浮気を本人に認めさせたり、裁判で勝つということを目標にするならば、そういう写真では足りないので、もっと突っ込まないといけないということになります。


浮気を認めさせる証拠とは
浮気を認めさせたり、裁判で有利になるためには不貞行為があったと高確率で認められるような証拠が必要です。

デート現場と思われる写真だけでは、単なる友達だったり、仕事での付き合いなどと見分けがつかない可能性があるので、高確率で浮気をしているとはならないのです。

これは不貞行為をしただろうとほぼ確実に言えるような写真、例えばラブホテルを出入りするような写真などが当てはまりますが、そういった限られた写真を押さえないと浮気を確定させられないのです。

そういう写真は素人が撮影できるものとは言えない可能性もあるので、できれば探偵事務所に任せた方が良いのではないか?と思います。

ラブホテルに出入りする瞬間があるならば、本人が浮気をしているという自覚があるはずなので、そういう瞬間は誰かに見られないように慎重になっている可能性がありますし、配偶者など顔見知りの人間だと気づかれる可能性があります。

探偵なら、浮気を認めさせる証拠がどんな証拠なのか心得ていますから、浮気を否認されるような証拠を取ることはありません。

ただし、探偵も人間ですから調査を失敗してしまうことはあります。失敗を恐れるなら、浮気調査を依頼する探偵選びは慎重にしなくてはなりません。